交通事故業務について

 

1 交通事故事件について

交通事故はこちらに非がなくても遭遇する可能性があり、何の前触れもなく起こります。
交通事故は大きな事故でなくとも、当事者となることで肉体的にも精神的にも大きな負担がかかります。
  
交通事故に遭った場合、事故の相手方の態度如何によっては問題が余計にややこしくなったり、保険会社とのやりとりで困惑したり、事故後に思いもよらなかった後遺症に悩まされたりと様々な問題に発展していくケースが考えられます。
 
交通事故の当事者双方が100%納得のいく示談交渉は難しいと言わざるを得ません。

事故の被害者の立場であれば、交通事故による肉体的・精神的ショックで参っているところに保険会社の担当者と交渉をしなくてなりません。

ただでさえ弱っている上に交通事故問題に関して十分な知識が備わっていない被害者が、交通事故について知識も経験も豊富な保険会社を相手にするのですから、解決に向けてかかる労力は並大抵なものではありません。

他方、加害者も法外な損害賠償請求をされて困惑することや、被害者と事故状況の言い分が違うといった思わぬ事態が起こり得ます。

交通事故に関する問題を自身で解決することが困難であると感じたら、法律の専門家である弁護士に相談しましょう。
 

2 弁護士に相談することのメリット

事故の当事者、特に被害者であれば怪我や後遺症で苦しんでいるところにきて、交通事故の相手方あるいは保険会社と示談交渉をすることはかなりの負担になります。

示談交渉を弁護士に任せることで、その負担を軽減することができ、実務上、問題となる損害賠償の範囲や過失割合、後遺障害の等級認定に対して、適切な助言を受けることができます。

また、保険会社とは異なる基準に基づいて損害賠償請求をすることで、相当程度の賠償額の増額が見込まれます

さらに、交通事故に関連する他の問題点(障害年金や労災保険が競合するケースなど)の助言を受けられるというメリットがあります。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.