⑩お酒に関するあれやこれや

大阪飲みアル記

2017-03-17

皆様、三連休の前日をいかがお過ごしでしょうか??

僕は本当に久しぶりにゆっくりと過ごしながら更新記事を書いています。

今日は仕事で大阪まで来ておりまして、打ち合わせが終わったのがだいたい夕方5時頃だったんですね。

夕方5時といえば、世間一般ではアフターファイブを楽しんでいる人もいる時間帯ですよね??

大阪駅周辺でも飲み屋さんがオープンをし始め、今から別の仕事をやろうにも手元に記録もありません。( ゚Д゚)ソワソワ

ということで、今日は久しぶりの休暇も兼ねて大阪駅周辺で飲み歩きをしておりました(不可抗力です(´・ω・`)仕方ないね)

まずは念願だった二度付け禁止の新世界の串カツ屋さんに行きました。

時間が比較的、早かったのかお客さんはあんまりいませんでした。

さすが本場の串カツだけあって、衣が丁度良く揚がっており、串が止まりませんでした。

気が付くと周囲は仕事帰りのサラリーマンで一杯になっていました。

お腹がいっぱいになった後は、ゆっくりお酒を楽しみたくなったので立ち飲み屋さんへ行ってきました。

店内の人のスゴさにびっくりし、さらにメニューの値段の安さに二度びっくりです!!

なにせ生中が250円、日本酒熱燗1合も250円、つまみは100円を切りますので皆さんのお会計が安いのなんのって・・・

僕も熱燗を5合ほど注文しまして今日は打ち止めとなりました。

気分よく店を出た後、移動を開始して、今日はホテル泊まりです。

缶ビールで一杯やりつつ、明日の準備にとりかかっております。

昨年の暮れから異常なまでの忙しさで体が壊れそうですが、なんとか乗り切りたいと思っています。

皆さんも三連休をゆっくり過ごしてくださいね。

忙しい年末には「スルメ酒」がおすすめです。

2016-12-13

12月に入ってからというもの忙しさに拍車がかかっているような気がします。

11月の段階では仕事をセーブ気味にして12月は余裕をもって過ごせるようにしていたはずが、気が付いたら12月の予定は仕事と忘年会でビッシリと埋まっていました。

こんなときこそ動揺せずに美味いお酒をのんで乗り切りたいと思います。

さて、今日ご紹介するのは「スルメ酒」です。

イカ酒

う~ん、いい仕上がりだ(^^♪

 作り方は簡単で、酒屋さんなどで購入した焼きスルメを日本酒(カップ酒や清酒系がおすすめです。)にぶちこんで湯銭をすれば出来上がりです。

 フグヒレ酒に負けないくらいのコクと香りがでてこれがまた美味いんです。

フグヒレは10グラム前後で500円はしますが、焼きスルメだと150グラム1000円程度で買えてしまうコスパの良さも魅力の一つです。

スルメ1枚でつぎ酒3杯はいけますし、最後はおつまみとして食べられるのでお得感もあります。

フグヒレ酒がお好きな方は是非お試しください。

はまること請け合いですよ!

幻の酒米で仕込んだお酒(北の庄「九寿龍」)

2016-10-26

昨日、県外に赴任される先生の送別会が、割烹料理屋「のちのち」さんで開かれました。

先輩弁護士さんから日本酒のメニューも豊富で、料理も美味く、お勧めのお店だと聞いていたので楽しみにしていました。

お店は隠れ家的な雰囲気を出しており、女将さんも感じの良い方でした。

先輩弁護士さんを見ていて思いましたが、きっとコアな常連さんがたくさんいるんでしょうね。

日本酒メニューは地酒を中心として充実しており、何を飲もうか迷いましたが、「九頭竜米」を使った日本酒・北の庄「九寿龍」に目が行きました。

「九頭竜米」は幻の酒米とされており、これを復活させるプロジェクトが昨年頃から始まったのは知っていました。

「九頭竜米」で仕込んでいる蔵は丸岡町の蔵だけだと思っていたので、舟木酒造さん(北の庄)が九頭竜で仕込んだ日本酒に興味津々でした。

北の庄

 飲んでみた感想ですが、しっかりとした味で飲みやすく、少しクセがあるような感じがしましたが、飲みだすと止まらない美味いお酒でした。

私は普段、熱燗ばかりひっかけていますが、久しぶりに冷酒で美味いと思える酒を飲みました。

皆さんもよかったら是非、飲んでみてください。

『ふ、、ふぐぅ。』とうなるフグヒレ酒。

2015-12-13

立て込んでいた仕事のほうが一区切りついたこともあり、久しぶりに行きつけの飲み屋で一杯やることができました。

女将さんと大将の30年前の写真を話のネタにしてお酒が進むこと進むこと…(>_<)

『女将さん、若い頃もきれー』と私が歓声をあげると、『あと30年若かったら今ちゃんとこいってたかもー(当時僕は2才)』と満更でもない様子でしたね。

この日は大将から裏メニューの天然のフグヒレ酒を勧められ、お財布の中身を気にしつつ帰りは徒歩を覚悟して頂きました。

20151211_221621

皆さんもご承知のとおりフグヒレ酒は継ぎ酒が必須ともいえます。僕は必ず三杯はいきますね。

一杯目はフグの香りと旨味がこれでもかと爆発し、二杯目は味と香りの完成度が最も高く、三杯目はフグの余韻を楽しみました。

今年もあと少しですが最後まで頑張ります‼

甘酒を甘くみてはいけません。

2015-11-24

甘酒というと酒粕からつくられたものを想像しがちですよね。

僕はあのクドいくらいの甘さが苦手で、甘酒はお正月くらいしか飲むことはありませんでした。

ところが今回、米麹からつくられた一押しの甘酒を入手したので試しに晩酌で飲んでみたところ、ものすごく美味いんですよ|д゚)

とても飲みやすくて、まろやかで甘さに品があるのです。

すっかり気に入ってしまい日本古来から伝わる甘酒の牛乳割りも試してみましたが、よりまろやかな味わいになり驚きました(絶対、子供が好きな味です。)。

次に私が試したのは日本酒の甘酒割りです・・・いや、甘酒の日本割りと言ったほうが正しいかもしれません。

純米吟醸(冷)と甘酒(冷)の組み合わせを試したところ、淡麗辛口の日本酒の味に丸みが出て、甘さも少しスッキリとしてこれまた絶妙でした。

燗酒の組み合わせも試してみましたが、こちらはこちらで体の芯から温めてくれる味わいに仕上がりました。

甘酒

甘酒もそれだけで主役が張れる飲み物だと分かり勉強になりました!甘く見てすみませんでした!!

「越前がに」がついに解禁!!

2015-11-12

ついに冬の味覚の越前がにが解禁になりました!

スーパーでもカニを見かけるようになり、「いいなあ。」「食べたいなあ。」とうらやましげに見ていました。

といってもウチはそんな贅沢はできませんので、チラシに載っている越前がにを見ながらカニクリームコロッケをパクつくのがせいぜいでした(´・ω・`)ツンツン

そんななかお客さんからお歳暮に越前ガニを頂いてしまいました。

小躍りしながら初物のカニを頂き、残った甲羅を使ってもちろん甲羅酒を楽しみました。

ウチには金網がないのでお鍋にアルミホイルを敷いてお酒を注ぎ弱火でじっくり温めます。

越前ガニ

あとはお好みで温度を調整し、クイッと飲むとカニの旨みが身に染みます。

ああ、カニになりたいY(・∀・)Y 

甲羅酒をするなら熱めがオススメです♫

あわら日本酒フェス2015リポート

2015-11-08

昨日、あわら湯の町広場で開催された日本酒フェスに行ってきました。

初開催&60種類の銘柄&無料で海鮮汁が振舞われるということもあってすごく楽しみにしていました。

会場につくとズラッと日本酒が並んでおりテンションは上がる一方です。

あわら日本酒フェス

 

受付でチケット(100円×10枚綴りor500円×2枚綴り)を購入したら、試飲用のコップ1杯が100円で楽しめます。気に入ったら銘柄があれば紙コップ(通常のグラスサイズ)や熱燗でも頂けます(但し料金は500円かかります)。

おつまみは200円~で珍味盛り合わせ、ひねどり、からあげなどがありました。

ここで簡単に本イベントの良かったところ、改善すると良いなあと思う点をまとめておきたいと思います。

☆良かった点☆

・60種類の銘柄がズラッと並んでいるのは迫力があってすごく良かったです。

・無料で配られた海鮮汁は具が豪華ですごく満足しました。

・浴衣をきた温泉客も見えられていて雰囲気がとても華やかでした。

・ビールもキンキンに冷えていて最高にうまかったです。

・1杯100円という値段設定と試飲の量はバランスがとれていたと思います。

☆改善すると良い点☆

・和らぎ水を配布すると良かったと思います。

⇒小さいサイズで構わないので水(ペットボトル)があれば味の違いをもっと楽しめるのではないでしょうか?

・熱燗も対応可能であると聞かないと分からないのはいただけません。

⇒案内の紙1枚貼るだけでも良かったと思います。

・テーブル席をもっと設置すれば良いと思いました。

⇒腰を落ち着けて飲みたいのでベンチシートタイプの椅子やテーブルを増やして欲しいです。

・つまみの種類がもっと欲しかったです。

⇒選択肢が少ない上につまみの準備が追いつかず乾き物しかない時間帯が長かったように思います。

・湯の町広場には足湯もありますので、広場全体を使った試飲会場も検討してみてはどうでしょうか?

⇒たとえば足湯につかりながら熱燗でもどうぞ!とか。。。

・合間のイベントが少なかったように思います。

⇒たとえば昼と夕方の2回にビンゴ大会なんかをいれたら酔客ばかりですから盛り上がったと思います。ゲストと思われるマジシャンの方が一部のお客さんを相手にマジックを披露していましたが周囲の方はなんだろうあれ?|д゚)といった感じでした。せめて注目させるかして会場を巻き込まないといけません。

辛口のコメントものせましたが十分、満足できる内容のイベントでした。

僕はイベント会場を後にしたあと湯けむり横丁にある串揚げ屋さんで一杯引っ掛けてから帰りました。串揚げ屋さんでは兵庫から来られていた若夫婦と仲良くなって小一時間ほど盛り上がりました。旅先での出会いもまた良いものです♫

もし来年もフェスを開催してもらえるのならば、特設ブースを作って地元福井の蔵元さんをお呼びし、自慢の日本酒を振舞って頂くのはどうでしょうか?

やはり蔵元さんのお話を聞きながら飲むお酒というのはそれもうお酒の旨みが2倍、3倍になります。

最後にあわら日本酒フェスがさらにより良いイベントに発展していくことを心から願っております。

鏡開きに合うお酒。

2015-10-21

先日、友人の結婚式で人生初の鏡開きの音頭をとらせてもらいました(゜o゜)

当日は僕がお勧めした白龍の純米吟醸(吉田酒造さん)が各テーブルに並びました。

日本酒は皆さんに大好評で用意されたものがほとんど残らなかったそうです。

私の方は吉田酒造さんのご厚意により法被までお借りすることができ、当日は上機嫌で音頭をとらせて頂きました。

白龍

ちなみに鏡開きというと「木の升」で乾杯することが多いと思うのですが、「木の升」に合うお酒って何だと思いますか??

ここで下手に大吟醸なんかを用意するのはもったいないかもしれません。。。

というのも木の升に入れたお酒はどうしても木の香りや味が移ってしまいます。

せっかくの吟醸香も木の良い香りと喧嘩してしまい、お酒の良さが相殺されてしまうのです。

私は、お酒らしさが光る「純米酒」あるいは呑みやすさを追求するにしても端麗辛口のスッキリとした「純米吟醸」が良いと思います。

ちなみに、お土産に檜の升までいただけて夜の晩酌が更に楽しみになった今日この頃です。

肝と日本酒のコラボレーション!

2015-10-07

先日、出張の帰りがけに立ち寄ったのは敦賀駅前にある地魚料理「まるさん屋」さんです。

これまで敦賀に来た際には何度か立ち寄っているお店ですが、メニューは豊富で値段も良心的です。

地酒も豊富に取り揃えており、福井の人気地酒「早瀬浦」の充実っぷりはさすがです。

まるさん屋さんが「わかさ富士」さんと提携して造られている生酒「まるさん」も味良し、値段良しで言うことがありません。

この日、食べたバイ貝の肝は舌に乗せるとトロ~っと溶け、肝の旨みが口いっぱいに広がります。

肝と日本酒

砂肝やあん肝に代表されるように肝と日本酒の相性は抜群です。

バイ貝の肝を口にふくみ舌にまんべんなく肝の旨みが行き渡ったら、日本酒をキュ~っと飲んで肝と一緒に喉に流し込むと、、、もう・・・やばいです!

これだけで2時間は居座れますね。

カロリーといい塩分と成人病まっしぐらなこの体には気になるところですが、そんなの関係ね~!とばかりに堪能しました。

一見さんも入りやすい雰囲気ですので敦賀にこられた際には是非、お立ち寄りください。

日本酒を求めて20㎞。

2015-09-09

県外に転勤した友人への贈り物の日本酒を求めて仕事終わりに事務所近くの酒蔵を巡ってきました。

お邪魔したのは事務所から車で30分(20km)圏内にある黒龍酒造さんと吉田酒造さんです。

黒龍

黒龍酒造さんでは、あこがれの石田屋や仁左衛門をみかけました♪

行きつけの飲み屋でもかなり良いお値段がするお酒です。一度は思う存分呑んでみたいものです。。。

吉田酒造さん(銘柄「白龍」)では運よく6代目会長から貴重なお話をお聞きすることができ本当にラッキーでした!

白流

蔵元さんと杜氏さんの関係や、昔の酒蔵の風習などはものすごく勉強になりました。

もちろん日本酒も試飲という名目で思う存分堪能させて頂きました!

友人へのお土産もバッチリ買いましたので感想が楽しみです。

« 過去のコラム
Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.