⑧法律事務所の日常

雪の峠は越えたものの・・・

2018-02-07

7日の夜になって、雪の降り具合が少し落ち着いてきた気がします。

雪の峠が超えても、道路の状況は相変わらずで、しばらくは遠出を控えることになりそうです。

近所のスーパーやコンビニでは、生鮮食品やオニギリ、パン、カップヌードルが売り切れの状態で、給水制限がかかっている市区町村もあるので、気を張って過ごしています。

事務所はこのとおり、雪で埋もれてしまっており、明日も雪かきで1日が終わりそうです。

今週は事務所が開店休業状態となってしまい。ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

事務所情報【2月7日の営業時間短縮のお知らせ】

2018-02-06

全国ニュースでも流れておりますが、ここ福井ではものすごい量の雪が降っています。

もちろん、私の事務所の所在地である福井県坂井市でも雪がドカドカ降っています。

1500台の車両の立ち往生が坂井市とあわら市を結ぶ国道8号線で起こっています。

私の事務所の周辺でも、朝からあちこちで亀の子状態になった車を見かけ、そのたびにスコップと段ボールをもって救出に向かっておりました。

ご近所さんの面倒ばかりみていたせいで、事務所の駐車場はまったく雪かきが終わっておらず、明日からお客さんをどうお迎えしようか悩んでおります。

仕事もまったく進まず、今週は雪かきで終わるんだろうと半ば覚悟しております。

ちなみに、自宅のベランダの積雪も1メートルを優に超えており、いい加減、対処しないとまずい状況になっております。

ですが、体はクタクタで、もう眠いのでこの週末に雪下ろしをすることにしました。

明日も大雪の予報が出ておりますので、皆さんもどうかお気をつけてお過ごしください。

そして事務所の営業時間ですが、いつもは夜遅くまで開けて執務をしているのですが、明日7日は執務を必要最小限で切り上げて早めに退社させていただきます。

そのため、夕方5時前から電話がつながりにくくなる場合がございますので何卒ご了承ください。

大雪と水攻め

2018-01-12

今日は朝から大雪にみまわれて大変な一日でしたね。

皆さんも普段通りにはいかない一日だったのではないでしょうか??

当事務所も例外ではなく、朝、出勤すると事務局さんが「先生!水がでません!!」と悲しげな様子で報告してきました。

当事務所は老朽化が著しく、隙間風がひどいのは知っていましたが、まさか水道管まで凍ってしまうとは思いもよりませんでした。

僕の熱い闘志で、なんとか水道管を解凍し、水を確保できてホッと一息つきました。

そして、雪かきに精を出して終わってしまった一日でした。

私どもは、この極寒のなか、水攻めに遭いながらも、一生懸命仕事に励んでおります。

どうか皆様も大雪に負けず、体調に気を付けてお過ごしください。

2018年新年のご挨拶&ハプニング

2018-01-04

新年明けましておめでとうございます。

本年も当事務所をよろしくお願い申し上げます。

今年は新年早々、実家で開催されたカルタ大会に参加し、9歳児との死闘の末、突き指をしてしまうというハプニングに見舞われました。

上記ハプニングは、食べ物カルタの梅干しの「う」とレンコンの「レ」の取合いに巻き込まれるという、もらい事故のようなものでした。

しかし、まったく業務には支障はありませんので、どうぞご心配なく。

本年もより一層、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、本年の営業は明日5日からとなります。

しかしながら、私がさっそく県外出張に出てしまいますので、本格的な始動は1月9日からとなります。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承ください。

【事務所の近況報告】あんまり変わりがありません。

2017-11-13

皆さん、ご無沙汰しておりました。

お盆明けからこっちにかけて、仕事でバタバタしており、HPを更新している余裕がありませんでした。

今、武道の達人のように仕事の一瞬のスキをついて、HPをチマチマと更新しているところです。

さて11月も折り返しとなり、いよいよ12月に入ります。

現在、緊急の案件・ご紹介の案件を除いて新規相談・新規受任をセーブしているため、予約が入りづらくなっており、ご迷惑をおかけしております。

私が24時間365日たたかえるだけの気力・体力・戦闘力を持っていたらと思うと無念でなりません。

今は夜なべをしながら、たまっている仕事をかたっぱしから片づけております。

法律事務所の12月の忙しさは、一般企業と大きく変わるところではありません。

年内に解決の見込みがありそうな案件は多少、スケジュールに詰め込んでも終わらせたいと思うのが人情です。

私もクライアントさんもできれば気持ちよく新年を迎えたいという思うので、そりゃもう頑張ってしまいます。

それこそ、土日返上です。

というわけで、年内はあんまり状況は変わりませんが、年末というゴールが見えているので頑張ります。

もちろん、新規のお問い合わせを頂きましたら、誠心誠意、対応させて頂きます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

【お盆休み期間】8月14日~8月16日まで

2017-08-14

当事務所のお盆休み期間は8月14日(月)から8月16日(水)までとなります。

 

僕は事務所に出て、掃除をしたり、ゴミ出しをしたり、たまっていた仕事を片付けたり有意義に過ごそうと思います。

お盆休み期間中は来客対応や電話応対は基本的には致しませんのでご了承ください。

 

それでは皆様もよい時間をお過ごしください。

 

 

夏本番。「ハイパークールビズ」始めました。

2017-07-19

梅雨明け前なのに夏本番の暑さで参りませんか??

僕はもう1ヵ月くらい前から参っています。

ところで皆さんの職場では「クールビズ」はされていますか??

いつの間にか世間に浸透している用語ですけれど、僕は「ラフな恰好で仕事ができるぜ(; ・`д・´)」のような大雑把なイメージしかありませんでした。

気になったので用語辞典で調べたところ、「夏季にネクタイと上着を着ないでシャツだけで仕事をしよう、という運動」のことを言うようです(コトバンク・知恵蔵miniより)

軽装で仕事をすることで、クーラーの温度を下げ過ぎないようにし、節電(エコ)に結び付けるという発想ですね。

更に環境省は東日本大震災後の節電の必要性を受けてクールビズをパワーアップさせた「スーパークールビズ」を推奨するようになりました。

クールビズのウリが「軽装」だとすると、生活スタイルや仕事スタイルを変えて効果的な節電を目指すという点が「スーパー」なんだそうです。

例を挙げますと「涼しい時間帯の出勤」や「涼しい公共の場で過ごす。」といったものがあります。

もちろん軽装についても、「ポロシャツやアロハシャツ、スニーカーなどでの勤務を(環境)省内で認めた。」そうで、更なる軽装を推奨しています。

ただ、どんな服装でも良いかというと、そこはどうしてもお役所ですので一応の基準はあるようです。

ご丁寧なことに環境省では「環境省におけるクールビズの服装の可否」という基準を公開してくれています。

それによると環境省では、「Tシャツ(※無地)」、「サンダル(ビーチサンダルは不可)」、「ジーパン(破れてだらしのないものは不可)」については、TPOに合わせて節度あるものであれば「」という運用がなされているようです。

一方、「ハーフパンツ」と「ランニングシャツ」は「原則不可」となっていました。

クールビズの取り組みはすごく良いことだと私も考えております。

幸いなことにうちは民間企業ですので、環境省が踏み込めない領域にも果敢に攻め込んでいくができます。

というわけで当事務所は今日から「ハイパークールビズ」を実施したいと思います。

といっても僕の勤務時間やライフスタイルが大きく変わるわけではありません。

仕事に追われる日々はそう大きくは変わらないからです。

ですが執務室内と近所のコンビニと酒屋さんに出かけるときは「甚平さん」をなるべく着るようにして軽装に取り組むことにしました。

甚平は涼しいし、楽だしで、これがまたいいんですよ~

事務局さんにも一応、浴衣スタイルはどうだろうか?と推奨したのですが、私の恰好を一瞥するなり「私がバランスをとらなくちゃ・・・」とか趣旨不明なことを言って目を伏せて事務室に戻っていきました。

もちろんお客様と応対するときはきちんした服を着るようにいたします。

昔と比べると年々、夏の暑さがきつくなっていますので、どうか皆さんも体には気を付けてお過ごしくださいね。

その時、歴史が動いた!藤井四段が29連勝!!

2017-06-26

今日の一戦はものすごい熱戦でした!!

注目度はタイトル戦以上といっても差支えなく、ものすごいプレッシャーの中でこれを制した藤井四段はただただスゴイとしかいいいようがありません。

増田四段も新人王の意地を十二分に見せた対局だったのではないでしょうか。

序盤から急戦調の将棋となり、早々に定跡から外れた一手一手は解説者泣かせでした。

ニコ生の解説は谷川光司前会長が担当しており、お元気な姿を見られたのも嬉しかったです。

今日はネット中継をラジオ代わりに聞きながら、藤井四段の新記録樹立に期待しつつ、増田四段も勝てばこれまた将棋界のニューヒーローの誕生だぞ!と楽しみにしていました。

ここまで来たら藤井四段には将棋界8大タイトルのどれか一つでも獲ってもらって、史上最年少のタイトルホルダーになって欲しいです。

将棋界の盛り上がりは過去最高といっても良いので、連勝記録樹立の次の話題はやはりタイトルでしょう。

もっとも、僕はどこまでいってもオールド棋士のファンなので既存の棋士の先生方にも意地を見せて欲しいところです。

是非、藤井四段の連勝を止める先生は若手棋士ではなく、ベテランの棋士の先生が貫録を見せて止めて欲しいです。

いずれにしても、本当にすごい大記録の樹立です。本当におめでとうございます。

「行列のできる法律相談所」最高でした(岸田森さんを偲ぶ)

2017-06-11

「行列」は法律番組かと思われがちですが、今では単なるお笑い番組になっており、レギュラーの弁護士さんは別にいてもいなくてもまったく支障がありません。

今日の「行列」には水谷豊さんがゲストで出演されており、俳優「岸田森」(キシダシン)さんとの交流についてお話しされていました。

僕は晩酌をしながらボォ~っと番組を見ていたのですが、岸田さんのエピソードが流れた瞬間、朦朧としていた意識が覚醒しました。

「ああ、坂田建さんだぁ。」、そう呟かれた方は少なくないと思います。

僕にとって岸田森さんといえば「帰ってきたウルトラマン」(1971年)の坂田建さん役が強く記憶に残っています。

天涯孤独の身の郷秀樹(演・団次郎)を妹のアキとともに支える、頼れる兄貴分の役が好印象でした。

印象に残っているエピソードとしては、キングザウルス三世との戦いに敗れた郷秀樹(帰ってきたウルトラマン)を鍛える回ですね。

キングザウルス三世のバリアに苦しむウルトラマン。

一度は敗れてしまい、バリアを破るために秘密特訓に励みます。

一見無敵に見えるバリアですが、素人目にみてもバリアの高さはウルトラマンの胸の高さくらいまでしかなく、上の部分がポッカリ空いており、ジャンプしてバリアを飛び越えて攻撃すればいいんじゃね?というコンセプトのもと、郷に猛特訓をつけるのが岸田兄貴でした。

そして、猛特訓の末にあみ出した必殺技が「流星キック」もとい、ジャンプしてから蹴るという大技なんです。

帰ってきたウルトラマンは、強敵キングザウルス三世のバリアを飛び越えて蹴り倒し、これを倒すのでした。

その後も坂田兄貴は郷の良き理解者として傍にいましたが、最後はナックル星人にひき逃げされてしまい、一言も遺さずに死亡しました。

その死に際もやたらとリアルで、子ども心にショックを覚えました。

そんな懐かしい思い出にひたりながら、今日はもう仕事を止めて美味しいお酒を飲んで過ごしています。

明日からまたお仕事を頑張ろうと思います。

藤井聡太四段が25連勝を記録(神の子VS永世名人唯一の弟子)

2017-06-10

将棋に興味のない方でも中学生プロ棋士の藤井聡太四段が公式戦の歴代連勝記録を塗り替えているのはご存じなのではないでしょうか。

藤井四段は、今日、将棋界の八大タイトル戦の一つ、叡王戦(将棋界序列3位の棋戦)の予選に出場し、見事に二連勝されました。

いずれの対局も一度リードを奪った後は逆転を許さず、文句なしの強さで完封勝利をおさめました。

解説者のお話を聞いていると、いずれの対局も藤井四段のミスがなければ相手方に勝ち目がないという展開だったようです。

これにより藤井四段は連勝記録を歴代単独2位に伸ばし、歴代1位の28連勝が見えてきました。

ついた異名は「神の子」、もはや神の領域に踏み込んだ強さということでしょうか。

今回、藤井四段の対戦相手となった都成竜馬四段は「光速流」の異名をとる谷川浩司第17世名人の唯一のお弟子さんで、奨励会を年齢ギリギリでクリアした苦労人です。

都成四段は不利になっても最後まで諦めない驚異の粘り腰が強みの一つです。

トントン拍子にプロになり、切れ味鋭い終盤力が評判の藤井四段とは色んな意味で対照的なお方ですね。

都成四段は3日前の公式戦でも藤井四段に敗れているのでまさに雪辱戦といえました。

序盤から藤井四段が局面を有利に進め、終盤まで危なげく進み25連勝確定か!?と思ったところにドラマがありました。

都成四段の飛車を追い詰める気迫の1手に藤井四段が若干、緩い手を指し、形勢は一時かなり縮まりました。

都成四段が震える手でバチッっと駒を指したシーンはまさに気迫の一手で、逆転のワンチャンスを生み出す契機となりました。

藤井四段は集中したときに見られる超・前傾姿勢となり、超絶な集中モードへと突入します。

そして、都成四段の反撃もここまで、、、

藤井四段がノータイムの気迫の銀取りで反撃の芽を摘み、最後は冷酷なまでに都成四段の玉をジワジワと追い詰め、寄せきって勝利しました。

藤井四段の強さはスキがないといわれていますが、気迫次第で勝敗はどう転ぶか分からないという、プロ棋士同士の対局の面白さが垣間見えた対局でした。

この後、藤井四段が予定されている公式戦はTHE苦労人やアマチュアの強豪が相手ですが、素人目にみても連勝記録を26、27に伸ばす可能性は高いと思います。

問題はそこから先、僕は28連勝をかけた対局の相手方が連勝記録を止める本命と見ています。

そのお話はまた今度ということで・・・

なにはともあれ本日の対局、お疲れさまでした。

« 過去のコラム
Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.