魔法のひれ酒

2014-10-28

日本酒の代表的な飲み方のひとつである「ひれ酒」は食用魚の鰭(ひれ)をあぶり焼いて燗酒にいれることで完成します。

なかでもフグのひれ酒はひれ酒界のキングオブキングといえるでしょう。

カンカンにまで熱した熱燗はそれだけではアルコールの特徴が強すぎ飲む人を選びます(私は大好きですが、、、)

しかし鰭を入れることで香ばしい匂いが広がり、味がまろやかにまとまります。

実はつい先日、ひれ酒を飲む機会があったのですが、お店のスタッフにひれ酒は2杯目からが美味くなると教わりました。

いつも1杯飲むごとに新しいひれ酒を注文していた私は自らの不明を恥じるとともに今度、試してみようと思いました。

昔から「鰭は2級酒を特級酒に変えてくれる。と言われますが、私に言わせるとまさにミラクルマジックですね。

味わいが武骨な2級酒だからこそ鰭が活躍できるのだと思います。

 

 

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.