鎧武者の忍者が登場だ!(前編)

2014-11-25

ジライヤ♪ジライヤ♪♪

さて、今回のジライヤは、、、

冒頭、戦国時代でしょうか?鎧武者がバッサバッサと兵隊を切り捨てています。唸り声をあげながら大木をなぎ倒し、大岩を砕く様子はまるで鬼神・阿修羅のようです

そこで夢から覚めた山地鉄山は何やら思い詰めています。

翌朝、鉄山は何を思ったのか息子の闘破(ジライヤ)に「浜名湖レイクサイドプラザ(リゾートホテル)で働いているムシンゲンイチロウさん(漢字不詳)を密かに訪ねるのだ!」と命じました。

「な、なんだって!?(突然、何を言い出すんだよ親父。。。)」と突然のことに驚くジライヤ。

そりゃそうだろうな、と私。

山地鉄山はご先祖様が命がけで封印した呪いの鎧、「魔王」が復活する不吉な夢を見たと話します。

魔王の鎧を装着した者は①大木をなぎ倒し、②大岩を砕く力を手に入れ、③血に飢えてしまうそうです。

上記鎧の問題点のうち、最後の③は迷惑千万ですが、前の二つ①②については鉄山だって「喝!」の気合一つで大岩を砕き、木の棒で真剣と渡り合えるせいか大したことに思えません。

どうやら今回も鉄山がいれば問題なく解決できそうですね。。。よかったよかった。

話を先に進めますと、その鎧は現在、浜名湖を拠点とする戸隠流の分派である華忍(ハナニン)一族が守をしているそうです。

さっそく浜名湖にスポーツカーで向かうジライヤ。格好いいです。

途中で後部トランクに弟の学(まなぶ)君が潜んでいることに気が付きました。「兄ちゃん、俺も連れて行ってくれよお」とねだる学君に「遊びに行くんじゃないんだぞ!」と叱りつけるジライヤ( ・`ω・)キリッ

ここら辺はしっかりとしたお兄ちゃんですね。

「兄ちゃん。へへへヾ(ゝω・`)」と悪そうな顔をした学君は財布の中から3万円2000円余りを取り出しました。

「3万円!」と驚くジライヤ。「兄ちゃん、どうせ父ちゃんから野宿するよう言われたんだろ?」「この金があればリゾートホテルを満喫できるんだぜ!」と学君。

まんざらでもない笑みを浮かべるジライヤ。

「よし。一緒に行こう♪」と兄弟仲良く浜名湖に向かうことになりました。

お、お兄ちゃん。。

ジライヤお小遣いもらっていないのかなあ。今月のお小遣いは使い切ってしまったのかなあ。と考えていたら少し切なくなりました。

せめてビジネスホテルくらい泊まるお金出してやれよ、、鉄山。

さて浜名湖レイクサイドプラザに到着したジライヤはさっそく手当たり次第にホテルの男性従業員に「ムシンゲンイチロウって人知らないかな?」と尋ねています。

密かに尋ねるようにと鉄山が言っていたのに、、、

案の定、ホテルの従業員として働いていた華忍一族の忍びたちに不審者扱いされてしまいました。

頭領のムシンゲンイチロウさんは部下から報告を受け、「何?私を訪ねてきたものだと??」「鎧を狙う妖魔一族かもしれん。」「一族の者を集めるのだ!」と警戒態勢を敷くように命じました。

不穏な空気を察知したのかホテルのレストランでくつろいでいたジライヤは「お前、金払っとけ!」と学君に勘定を任せて華忍一族の棟梁を探しに出ました。

場面は変わって華忍一族の集会です。

一族の上忍黒猿(クロザル)がこのままでは華忍一族は時代に埋もれていってしまう、魔王の力を借りて世界を征服しようではありませんか!と棟梁に詰め寄っていました。

これを拒否する棟梁。棟梁の娘であり黒猿の幼馴染である花忍夢破(ユメハ)もこれを諌めます。

そこへ妖魔一族の毒斎一向が魔王を狙って襲撃し、黒猿も華忍一族を裏切り妖魔一族側へ付きました。夢破を逃がすために棟梁は一人残って戦い、最後は自爆して果てます。

ジライヤは逃亡中の夢破と偶然に出会い事態の深刻さに気付きました。夢破は棟梁ら一族の仇を取るために自ら魔王を装着すると言い捨てどこかへ消えてしまいました。

途方に暮れるジライヤ。鉄山に助言を求めたところ「○×△山の中腹にある桜の巨木に向かったのかもしれん。」と助言をもらいました。

さすが困ったときの鉄山です。で、やっぱりそこに行ったら夢破がいました。

その後は夢破が鎧・魔王の封印された場所までたどり着いたところで、どこからか湧いて出たのか妖魔一族と黒猿の襲撃を受けてしまい、すったもんだの末に鎧・魔王は黒猿が装着してしました。

悲鳴を上げ苦しげな黒猿。体から湯気?冷気?エクトプラズム??を大量に放出しながら鎧がピカピカ光っています。

そしてついにジライヤの前に立ちはだかりました。

鎧武者

次回へ続く。

まさかの後編に続くみたいです。

話を総括すると鉄山が華忍の棟梁の電話番号とか住所をきちんとジライヤに教えておくべきでしたね。

というか事前に息子が顔を見に行くからね、くらいの連絡を入れておく配慮があっても良かったのではないでしょうか??

このような深刻な事態を引き起こした鉄山が次回、どうやって落とし前をつけるのか見せてもらおうではありませんか。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.