幻の酒米で仕込んだお酒(北の庄「九寿龍」)

2016-10-26

昨日、県外に赴任される先生の送別会が、割烹料理屋「のちのち」さんで開かれました。

先輩弁護士さんから日本酒のメニューも豊富で、料理も美味く、お勧めのお店だと聞いていたので楽しみにしていました。

お店は隠れ家的な雰囲気を出しており、女将さんも感じの良い方でした。

先輩弁護士さんを見ていて思いましたが、きっとコアな常連さんがたくさんいるんでしょうね。

日本酒メニューは地酒を中心として充実しており、何を飲もうか迷いましたが、「九頭竜米」を使った日本酒・北の庄「九寿龍」に目が行きました。

「九頭竜米」は幻の酒米とされており、これを復活させるプロジェクトが昨年頃から始まったのは知っていました。

「九頭竜米」で仕込んでいる蔵は丸岡町の蔵だけだと思っていたので、舟木酒造さん(北の庄)が九頭竜で仕込んだ日本酒に興味津々でした。

北の庄

 飲んでみた感想ですが、しっかりとした味で飲みやすく、少しクセがあるような感じがしましたが、飲みだすと止まらない美味いお酒でした。

私は普段、熱燗ばかりひっかけていますが、久しぶりに冷酒で美味いと思える酒を飲みました。

皆さんもよかったら是非、飲んでみてください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.