不貞行為(不倫関係)でよくある質問(婚姻関係が破綻しているとどうやって判断するのか??)

2014-09-06

過去の判例上、配偶者がある者Aと肉体関係を持ったXは、その当時Aとその配偶者の婚姻関係が破綻していた時は、特段の事情のない限り不法行為責任を負わないとされています。

そのため、不貞行為(不倫関係)の責任を追及されている側は、高い割合で婚姻関係が破綻していたと主張してくる傾向があります。

ですが、婚姻関係の破綻とは当事者の主観的な感情のみで判断されるのではなく、客観的な事情をもって判断される傾向にあり、過去の裁判例をみると婚姻関係の破綻が認められるのかは消極的な傾向があります。

要するに単に婚姻関係にある者の一方が他方に強い不満を抱いたり、夫婦仲が冷えたりしているだけでは破綻しているとは認められにくいでしょう。

婚姻関係の破綻の有無を判断する主な材料としては、別居の有無、離婚調停申立ての有無、離婚届が作成されるなどの離婚話が現実化しているのか否かが挙げられます。

また、家族旅行などの行事の有無や同じ寝室で就寝していたか、性交渉の有無、家計の管理、不貞が発覚した後も婚姻関係の継続を双方あるいは他方が望んでいるのかが判断材料として挙げられます。

なお、派生論点として婚姻関係が不貞行為(不倫関係)時に既に破綻したと信じていた場合はどうなるのでしょうか?

まず、一般に交際の相手方が既婚者であると認識していた場合には安易に不貞関係に入らないように注意をするべきでしょう。

婚姻関係が破綻していると嘘をいう者もいますので、不貞行為を行ったことについて過失がないとされるには、婚姻関係が破綻しているという言葉を信じただけでなく、その言葉を裏付ける根拠が存在することが必要になるでしょう。

(参考文献:判タ1278.p49-)

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.