「レーザーブレードのテーマ」雑感

2016-08-16

楽しい楽しいお盆休みに入る直前の日、執務室で僕は上機嫌で「レーザーブレードのテーマ」を口ずさんでいました。

「テレテレテレテレ~♪」( ゚Д゚)←とても上機嫌な僕

すると偶然、通りかかった事務局さんが「なんですか?その妖しい雰囲気の曲は・・・」と若干、引き気味に問いかけてきました。

「また、このパターンか・・・」( ゚Д゚)ハァ…

僕はため息をつきながら説明をしてあげました。

「レーザーブレードのテーマ」は言わずと知れた東映特撮シリーズ・宇宙刑事3部作(ギャバン・1982年、シャリバン・1983年、シャイダー・1984年)、その終盤のバトルのクライマックスで用いられていたテーマ曲です。

毎回、バトルのクライマックスになると宇宙刑事たちは「レーザーブレード!」の掛け声とともに「光る蛍光灯」もといレーザーブレードを発動し、敵を倒すのです。

宇宙刑事シリーズファンからすればテンションが上がって上がってしょうがない曲なんですよ。

ちなみに僕のなかで宇宙刑事シリーズ中、もっとも一番印象に残っているバトルシーンは宇宙刑事シャリバン・第49話「ガマゴン」のシャリバンVSガイラー将軍戦ですね。

タイトルの「ガマゴン」に???となる方が少なからずいるかと思いましたので若干補足説明をしますとですね・・・

この回はシャリバンの作品本編を通じて重要なキーアイテムとなる「イガクリスタル(すごいエネルギーを発生しているらしい結晶体)」の争奪戦の佳境ともいえる回なんです。

敵組織の幹部・軍師レイダーは、「光(エネルギー)に敏感で、できる男もとい巨大ガマガエル」で友人の「ガマゴン大王」さんの力を借りてついにイガクリスタルの奪取に成功します。

イガクリスタル争奪戦に敗れた敵組織の幹部の一人ガイラー将軍はレイダーに負けない功績をあげるべく、一か八かシャリバンの首を狙って一騎打ちを挑みます。

ガイラー将軍

ガイラー将軍を演じられた栗原敏さんはJAC出身(スタント出身)の方ですから戦闘シーンは見応え十分でした。

ガイラー将軍は、最後、装備の電光剣を弾き飛ばされ、腹をぶっさされ、素手で掴みかかったところをシャリバンにぶった切られて倒されます。

その散りざまはまさに男らしさにあふれていました。

レーザーブレードのテーマは各作品ごとに微妙に違うので、その違いを楽しむのも良いでしょう。

興味のある方は、どの作品から見て頂いても楽しめると思いますので是非、どうぞ(^^♪

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2016 春江法律事務所 All Rights Reserved.